c#を攻略しよう

c#

インターフェイス

インターフェイスは、クラスからインターフェイスだけを切り離したもので、メソッドの定義だけを定め、中身は実装しないものを言います。抽象クラスと似ていますが、インターフェイスでは、中身のあるメソッドや、変数は一切定義することができません。インターフェイスを実装するクラスでは、必ずインターフェイスで定義したメソッドを実装しなければなりません。
  説明文だけでは、分かりにくいと思いますので、「百聞は一見にしかず」、次のサンプルプログラムでイメージを掴んで下さい。


[TOP]


 

public interface Kihon
{
    void print( ); // メソッドの定義のみ
}

class Hasei : Kihon
{
    int a;
    public void print( )
    {
        // printメソッドのコード
    }
}

class main_program
{
   public static void Main( ){
       Hasei pri = new Hasei( );
       pri.print( );
    }
}

インターフェイスを定義する際は、先頭に「interface」と宣言します。
上記サンプルプログラムでは、Haseiクラスがインターフェイス[Kihon」を実装しています。
インターフェイスはクラスではないので、継承とはいいません。またインターフェイスの先頭に「class」もつけません。

ひとつのインターフェイスは複数のクラスで実装するができます。
A、B、C3つのクラスがあり、それぞれ同一のインターフェイスを実装したとすると、
ABCすべてのクラスで、ある処理を行うメソッドの実装を強制することができます。

戻る

※当サイトは、リンクフリーです。