c#を攻略しよう

c#

コンストラクタ

オブジェクトを生成する際に、初期化処理が必要な場合は、コンストラクタを利用します。
サンプルプログラムを下記に示します。


[TOP]


 

class Print
{
    public int a;
    public Print( ) //コンストタクタ
    {
        a=3;
    }
}

class main_program
{
   public static void Main( ){
       Print pri = new Print( ); //1.オブジェクト作成→コンストラクタ呼びだし
       int b=pri.a; //2.変数bには、3が代入されます。
    }
}

コンストラクタは、クラスと同じ名前で定義します。コンストラクタで記述したコードは、このクラスのオブジェクトをnew演算子を使って作成した時に呼び出されます。

コンストラクタには引数をもたせることもできます。ただし戻り値は定義できません。

class Print
{
    public int a;
    public Print( int c ) //コンストタクタ
    {
       if(c < 10)
           a=c;
       else
           a=0;
    }
}

class main_program
{
   public static void Main( ){
       Print pri = new Print( 5 ); //1.priオブジェクト作成、コンストラクタの引数に5を渡す
       Print pri2 = new Print( 12 ); //2.pri2オブジェクト作成、コンストラクタの引数に12を渡す
       int b=pri.a; //3.変数bには、5が代入されます。
       int b=pri2.a; //4.変数bには、0が代入されます。
    }
}

上記サンプルでは、オブジェクトを2つ作成しています。
オブジェクトは複数作成することができます。
1.では、コンストラクタの引数に5を渡すオブジェクトを作成し、2.では、コンストラクタに12を渡すオブジェクトを作成しています。

ボタンを画面に表示するクラスがあったとします。コンストラクタに渡す引数を変えることで、一つのクラスで赤色のボタンを作成したり、青色のボタンを作成したりすろことができます。

戻る

※当サイトは、リンクフリーです。