c#を攻略しよう

c#

例外処理(2)

try 〜 catchブロックを抜ける際に、なんらかのコードを記述する必要な場合は、finallyというブロックを利用します。


[TOP]


 

class main_program
{
     public static void Main( ){
       try
       {
               // エラーが発生する可能性のある処理
       }
      catch
      {
               // エラーが発生したら、このブロック内の処理を行う
      }
      finally
      {
               // try〜catchブロックを抜ける際、必ず実行させたいコードがある場合の処理
      }
   }
}

次のサンプルプログラムは、発生したエラーメッセージをメッセージボックスに表示するコードです。
入門書やサンプル集でもよく見かけるコードですので、例外処理に関しては、最低限これだけは覚えておいたほうが良いでしょう。
例外処理は、ファイル処理や、ネットワーク、演算を行うプログラムを組む際に良く使います。

class main_program
{
     public static void Main( ){
       try
       {
               // エラーが発生する可能性のある処理
       }
      catch( Exception ex )
      {
               Console.WriteLine(ex.Message);
      }
   }
}

 

戻る

※当サイトは、リンクフリーです。